シアトルのアトリエ

Welcome to my blog

アンティークショップ


今日はボストンの話題などを。
ボストンの中で好きな街の一つにコンコード市(Concord)を挙げます。
以前個展を開催したので思い入れのある街でもありますが、コンコードには若草物語の著者である、ルイザ・メイ・オルコットの生家があります。それからロマン派として知られる作家、ヘンリー・ディビット・ソローが「森の生活」を書いた場所、ウォールデンポンドもある文学と歴史の街です。

オルコットの家 Orchard Houseボストンの中心街から少し離れていますが、メインストリートにはお洒落なショップが立ち並んでおり、アンティーク好きな方にはご馳走といえる場所です。私は古いお店が並んでいるヨーロッパ調の佇まいがとても好きでよく訪れています。コンコードのショッピング街はそんなヨーロピアンな雰囲気が漂う人気のスポットでもあります。

その中でも特にお気に入りなのが「Nesting on Main」というアンティークショップです。3年半前くらいに出来たお店ですが、その頃から馴染みで通っています。
本当は誰にも教えたくないお気に入りの場所にしたかったんですが、そんなお店を誰も放っておくはずがないですね、口コミで瞬く間に広まり、ベストオブボストンのお店として受賞に輝きました。

今はお店に行くと、店内はいつもおば様たちで犇きあっています。
一旦中に入ると骨董品とヴィンテージの魅力、そしてお店のディスプレイセンスの良さに完全にノックアウトされ、時間を忘れて物色してしまうことでしょう。そういう私もその一人で、いつも慌ててパーキングのコインを入れに戻る羽目に陥っています。

お店の運営は、買い付け、ディスプレイなど全てメリッサさん、ウェンディさん、ロクサーヌさんの3人で賄われています。Nestingという名前の通り、お店は鳥をテーマにした多くの関連した骨董品が並んでいます。かわいい手作りの卵、巣、オーナメントなど、絵にする題材やインスピレーションが沢山詰まっています・・・と、ここのところご無沙汰していたので、記事を書いていたらまた行きたくなりました。

もしコンコードを旅したい方がいらっしゃいましたら、歴史ある素晴らしいホテル
Colonial Inn
がありますのでご参考までに。


この記事は、ウーマンエキサイトの「旅とおさんぽ」に掲載されました。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
アーティストChihiroのアートライフ
About me
シアトル在住の絵描き Chihiroの制作活動ノート。主に作品紹介、アメリカや海外での展示のご案内をしています。