シアトルのウォーターフロントの風景画

シアトルを訪れた人ならこの風景は見たことがある方が多いと思います。ダウンタウンのパイクプレイスマーケットからエリオットベイを臨んだ眺めです。

IMG_eliotte.jpg

現在、ダウンタウンでは地震対策でハイウェイの高架を取り去り、地下に埋め込むトンネル工事が進んでおり、来年の秋にはこの手前にあるSR99(Alaskan Way Viaduct)の高架橋がごっそりと取り払われるそうです。
その工事に使われているトンネル掘削工事の機械が日本製のBertha(バーサ)という機械だそうで、とりあえず古くから変わらぬ姿であり続けた今のシアトルを描き残したいと思いました。

橋が取り払われた後は、パイクプレイスから水族館のあるウォーターフロントまで真っ直ぐ降りられるようになるので相当見晴らしも良くなるでしょうし、お洒落度UPしそうなので完成が待ち遠しいですね。^^

こちらのリンクから以下の様な完成予想図が見られて楽しいです。
IMG_3124.jpg



■2月上旬までペンシルベニア州立美術館で作品展示中です。

PWS 35th Anniversary International Juried Exhibition
2014年11月8日~2015年2月8日
Pennsylvania State Museum
300 North St., Harrisburg, PA 17120




関連記事

0 Comments

Leave a comment